チキンのネタ倉庫

暇潰し、話題作り。誰かの役にたったらいいなぁと願うブログ

【世界の王様】 人格に問題あり??統治に向かなかった世界の王様10選   


 

世界には戦争が上手いだけではなく、政治も上手かった偉人は結構いると思います。(「例えば誰や?」と思った人は、ご自分でお調べください。私はあまり思い付きませんでした)

 

ですが、あえて王様らしからぬダメダメな王様をご紹介していきたいと思います。優秀な人が脚光を浴びるのは当然ですし見習うべきこともたくさんあると思いますが、失敗した偉人達からも見習うべきというか、学ぶべき教訓のようなものもきっとあります。

 

ここまで前置きを書いてから思ったのですが、今回紹介するダメダメな王様から、学ぶべき教訓はハッキリ言ってありませんでした。

 

それくらい、根本的にダメな人達が多いですが、最後までお付き合いくださると大変嬉しく思います。


 

 

 

 

暴君 ネロ

 

 

f:id:adachi3939:20191004081441j:plain

 

 

まずは暴君で有名なネロです。16歳で即位したネロは当初は稀にみる善政であったが、不安が爆発して、母親殺して自由になると、やりたい放題をはじめた。奴隷の少年を去勢して妻に迎え入れたり、女装して哲学者と結婚したりと自由奔放に振る舞い、極めつけは「ドムス・アウレア」の建設です。ローマ火災の災害地に建設された宮殿で、ネロは歌手になることが夢だったらしく、宮殿でリサイタルを開いたのです。しかもお世辞にも歌は上手くはなかったらしい。また四年の一度のオリンピア(オリンピック)に対抗してネロ祭を開きました。贅沢の限りを尽くしたネロの最後の言葉は「世界は優れた芸術家を失う」だそうです。最後まで皇帝の自覚がなかったようです。

 

 

chickenno.hatenablog.com

 

 

ネロ - Wikipedia

 

 

狂王 ルートヴィヒ二世

 

f:id:adachi3939:20190811230010j:plain

 

 

バイエルン王国の第四代国王。建築王や「狂王」と呼ばれるゲイの王様で生涯を独身で過ごした。内気でファンタジーなものを好んだルートヴィヒ二世は音楽と建築にとんでもない浪費を繰り返した。自分の世界にのめり込んだルートヴィヒ二世は昼夜が逆転したような生活をするようになり、ついには廃帝されてしまい、監禁までされて浅瀬で水死するという不可解な死を遂げた。ちなみにルートヴィヒ二世が建築したノイシュヴァンシュタイ城はその美しさからディズニーランドのお城のモデルにもなっています。

 

ルートヴィヒ2世 (バイエルン王) - Wikipedia

 

 

エジプト最後の王 ファルーク1世

 

f:id:adachi3939:20190811230047j:plain

 

 

「腐ったメロン」と呼ばれるファルークは、第二次世界大戦に関わる重要な会議であのウィンストン・チャーチルから懐中時計を盗んだとんでもない奴である。その盗人のテクニックは常習犯から指南してもらったらしい。しかもギャンブル狂で高級車を乗り回しては、ナイトクラブやカジノに入り浸った。のちに軍事クーデターを起こされて退位させられたファルークは120キロを越える肥満となり、45歳で心臓発作で突然死した。

 

ファールーク1世 (エジプト王) - Wikipedia

 

 

狂気王 シャルル六世

 

f:id:adachi3939:20190811230117j:plain

 

シャルル六世はフランスの王で、「自分の体はガラスで出来ていて壊れやすい」と言う妄想に取り付かれた精神異常者。国民から信頼されていたシャルルは「親愛王」と呼ばれていたが、二十代半ばに精神病を発症した。母の一族からの遺伝とされる精神病は、強迫観念や記憶障害を引き起こした。あげくイングランドに騙されて、「フランスの王を継承するのはイングランド」的な条約を結んでしまった。こうして長い戦争がはじまったそうだ。

 

シャルル6世 (フランス王) - Wikipedia


 

幼稚な王だったとされる ピョートル三世

 

f:id:adachi3939:20190811230142j:plain

 

 

妻にクーデターを起こされて、僅か半年で廃帝した。二十歳を越えても兵隊のおもちゃで遊んでいたとされるピョートル三世でしたが、農民に有利な政策をしていたので国民からはそこそこ支持を集めていました。なにがあかんかったって、とんでもないドイツ好きだったからです。なかでもドイツのフリードリヒ大王を崇拝していたピョートル三世は、七年戦争で勝てそうだったのに軍を引くと言い出しました。これに乗じたのが結婚当初から仲の悪かった妻エカチェリーナです。ピョートル三世の政策や七年戦争での行いで不安を持った人たち説得したエカチェリーナに無血で廃帝を成功させられた。

 

ピョートル3世 - Wikipedia

 

 

荒れた生活を送った王 クリスチャン七世

 

f:id:adachi3939:20190811230217j:plain

 

デンマーク王のクリスチャン七世はただれた性生活を送った王だ。なんでも総合失調症だったらしい。そんな人物が王様ってのもおかしな話だが、症状が現れていないときは明瞭な判断ができたらしい。しかし、当然ながら支離滅裂な政策のおかげで国が左右されることもあった。特に凄いエピソードは、公で「一人の女性を愛するの時代遅れ」と女遊びをドンドンするぜと公言したことだ。

 

クリスチャン7世 (デンマーク王) - Wikipedia

 

 

失地王 ジョン 

 

f:id:adachi3939:20190811230237j:plain

 

たぶん一番有名な無能な王様らしい。前王である兄のリチャードと比べると能力不足を指摘されるし、リチャードが戦争に明け暮れて、多額の身代金を払ってからの即位もあってかなり苦労したのではと思う。フランスに攻められたイングランドは全ての領土を奪われてしまいました。ジョンはとにかく戦争で全く勝てなかったので、「腰抜け」とかガンガン言われたそうです。しまいには「マグナ・カルタ」によって王様の権限を制約されてしまいました。

 

ジョン (イングランド王) - Wikipedia

 

 

不老不死を求めた 始皇帝

 

f:id:adachi3939:20190703234002j:plain


 

 

中国初の皇帝である始皇帝は人気漫画「キングダム」のモデルにもなっている皇帝である。巨大な国家を一人に集中するような政治体制を取った始皇帝は医者や兵士、商人までに不老不死になる薬を探すように命令しました。不老不死の薬はどういうことなのか「水銀」が含まれていて、日常的に服用していた始皇帝は水銀中毒で亡くなった。

  

chickenno.hatenablog.com

 

 

始皇帝 - Wikipedia

 

 

ローマ史上最低の皇帝  カラカラ帝

 

f:id:adachi3939:20190811230319j:plain

 

多くの歴史家が史上最悪のローマ皇帝にカラカラ帝をあげるほどの最悪の皇帝です。大浴場を建設したカラカラ帝ですが、とんでもないインフラに陥ってしまった。また、悪口を言われたとアレクサンドリア市民の大虐殺を命じて、人口の半分である50万人の市民が殺された。

 

カラカラ - Wikipedia

 

リアル狼少年 幽王

イソップ寓話に退屈しのぎで嘘をついていた少年が本当のことを言っても信用されなかった話があると思いますが、中国の王である幽王はまさにリアル狼少年です。救援のときに狼煙をあげるルールがあったのですが、幽王は間違いで狼煙を上げてしまいました。ですが騒然とする部下を見て幽王は爆笑。それから何度か狼煙を上げて楽しむようになってしまいました。なので、本当に敵に攻め込まれたとき、狼煙を上げても誰も駆け付けてくれませんでした。

 

幽王 (周) - Wikipedia

 

まとめ

 

 

いかがでしたでしょうか?

王様って言っても、ただの極悪人と、精神的に問題を抱えた人達のご紹介になってしまいました。