チキンのネタ倉庫

暇潰し、話題作り。誰かの役にたったらいいなぁと願うブログ

【イアソン】英雄オールスターを引き連れたカリスマの惨めな最期

 f:id:adachi3939:20191010234805j:plain


ギリシア神話のイアソンは難題を吹っ掛けられて、大英雄ヘラクレスやテセウス、アタランテ、アキレウスの父ペレウスなどの同世代の英雄を引き連れて秘宝を求める冒険に出ました。これのなにがすごいって実質「神を味方につけた」ってこと。またfateでも登場する才媛の魔女メディアを虜にしてしまう魅力に溢れた英雄でもありました。きっとカリスマの塊みたいな人物なんでしょうが、その最期は冒険を共にしたアルゴー船の残骸に潰されて、亡くなったとされます。

 

どうしてイアソンが、そのような惨めな亡くなりかたをしたのでしょうか?

 

今回はそんな感じでイアソンを紹介していこうと思います。最後までどうかよろしくお願いします。

 

生まれ

 

イアソンは、テッサリア地方のイオルコス国の王位継承者として生を受けます。だが、父である王が政治に飽きてしまいイアソンが成長するまで、弟に王位を譲ることになりました。それでイアソンは育児放棄を受けたようでケンタウロス族のケイローンに育てられることになります。このケイローンは、ヘラクレスやアキレウスなどたくさんの英雄を育てた教育の神様的なケンタウロスで、王位を継承する歳までイアソンは教育を受けたのでした。

 

英雄の教育を受けた王族。イアソンはまさにエリートでした。


さらにイアソンは「神の加護」を手に入れることになります。母国イオルコスへの帰還途中に偶然助けた老婆が、変身したヘラだったからだ。


イアソンは満を持して王位継承を叔父に求めます。

 

叔父は王位を譲るつもりなんて少しもないのでイアソンに「黄金の牡羊の毛皮をコルキスまで取ってきてくれん」と言いました。旅の途中、もしくはコルキスにたどり着いても殺されるだろう、とイアソンは王の真意を理解しつつも、黄金の牡羊の毛皮を取りに行って王位継承の約束をこじつけるのでした。

 

コルキスにたどり着く為には、大きな船が必要です。イアソンは工匠アルゴスに船の建設を頼み、前代未聞の50人乗りの船アルゴー号(アルゴスが造ったのでアルゴー)を手に入れました。

 

次に重要なのは乗務員です。イアソンは乗務員の募集をするのですが、とんでもないメンバーが集まりました。ゼウスの子であり剛力の大英雄ヘラクレス、ミノタウロスを退治したテセウスを筆頭に既に名が知られていた各地の英雄が集ったとされます。

 

これだけの英雄オールスターを集結させることができたのは、ヘラの加護によるもの。こうして神に愛され、英雄を仲間に引き連れたイアソンの冒険がはじまりました。

 

冒険

 f:id:adachi3939:20191010234829j:plain

コルキスまでにイアソン達、アルゴナウタイ(アルゴー船の乗務員)になんの問題もなかったかと言われるとそんなことはありません。

 

夜に襲撃をされたのですが、翌朝になってから彼らが前日にお世話になった街の人々。彼らは海賊に悩んでいたそうなので、間違えて襲撃してきたのだ。そんな辛い勝利をしたり、最大戦力であるヘラクレスも早々に退場してしまいます。

 

水の補給をするために岸辺に寄ったのですが仲間の一人が怪物に襲われて、「助けてくれ。ヘラクレス」と叫んだのでヘラクレスは一目散に助けにいくのですが見つけることができません。ヘラクレスが必死に探しているあいだに、アルゴー船は出発してしまったのです。どういうことかさっぱりですが、ヘラクレスはこれでリタイアしました。よっぽど急いでいたのでしょう。

 

その後は、怪物に食事を邪魔されてガリガリになった予言者を助けたり、開いたり閉じたりする岩をタイミングよく全速力で漕ぐことで、クリアしたりして、コルキスにたどり着きました。

 

コルキスに

 

コルキスに到着したイアソンはコルキスの王に挨拶をしました。イアソンが「黄金の毛布を母国の王が求めている」と伝えると、コルキスの王は野で暴れる牛を大人しくして種をまけたら、毛布のありかを教えてくれると答えました。

 

f:id:adachi3939:20191010234853j:plain


夜になると宴が開かれてイアソン達は大いに楽しみました。そこでとある出会いがあります。魔法が使え才媛と謡われたコルキスの姫、メディアです。メディアはイアソンに一目惚れをしてしまい、父であるコルキス王の真意を伝えました。

 

あの暴れ牛はへパイトスが造り出した怪物で、鋼鉄の脚を持ち、口から炎を吐き出すことができる。まくように言われた種は、まけば兵士が生えてきてイアソンを襲う。

 

メディアは、対策として炎耐性を持つことができる軟膏と、種の兵士を錯乱させる魔法の石をくれました。

 

イアソンが「どうしてこんなことをしてくれるのか」と問う。メディアは「あなたを愛してしまったから」彼女の思いに心打たれたイアソンは永遠の愛を誓いました。

 

次の日、暴れ牛の炎を吐く姿を見てアルゴナウタイはビックリしますが、イアソンは対策済みなので余裕綽々。しかもイアソンが暴れ牛に触れるだけで、牛は大人しくなったのです。実は暴れ牛の制作者であるへパイトスは、ヘラの子供。イアソンにはヘラの加護があるので手なずけるのは簡単なことだったのです。

 

そしてクリアの条件である種まきをはじめると、忠告通り兵士が生えてきました。アルゴナウタイは武器を持って駆け付けますが、イアソンは冷静にメディアから貰った石を兵士に投げました。

 

すると「誰だ。石を投げたのは!!」と兵士達が仲間割れをはじめて、最後の一体はイアソンの手で倒しました。

 

コルキスの王は渋々黄金の毛布の在りかを話しました。

 

その日の夜にイアソンは仲間達に出向の準備を命令して、メディアと数人の部下を連れて森の奥に向かいます。黄金の毛布は森の奥地で竜が守っている。メディアの力で竜は眠らして、黄金の毛布を持って急ぎ出向をします。

 

f:id:adachi3939:20191010234915j:plain


翌朝にイアソンがいないこと、娘の裏切りを知ったコルキスの王はすぐに兵士を送り出します。追い付かれそうになりますが、一緒に連れていた幼い弟をメディアはバラバラにして海に放り投げた。(とんでもない展開ですが、そんな感じです)

 

コルキス軍は遺体の回収をしている間にイアソン達は逃げ切ることができた。しかし、イアソン含めて乗務員達にメディアに対するわだかまりが募るのでした。

 

その後

 

その後はゼウスの怒りに触れて、異常気象、怪物に襲われたり、大きな渦巻き、青銅の巨人、と犠牲者を出しながら、なんとかイアソンは祖国イオルコスに生還しました。

 

だがイオルコスではイアソンが帰ってこないことを理由に、両親、弟は殺されていました。約束通り、イアソンは黄金の毛布を渡しますが、密かに復讐を計画しました。そこでメディアの登場です。年老いた羊をバラバラにして釜に入れると子羊になると実演し、王に若返ると嘘をついて、バラバラにして殺してしました。

 

イアソンは復讐を果たしますが、イオルコスの人々が激怒してイアソンとメディアはイオルコスにはいられなくなりました。

 

イアソンの最期

 

イアソンとメディアは二人の子供に恵まれてコリントスで十年間幸福な生活を送りました。十年に及ぶ結婚生活のなかでも、メディアに対する不信感はイアソンの中で消えることはありません。アルゴー号での冒険、王への復讐、メディアのお陰で達成しましたが、同時にメディアの残忍さに嫌気が差していました。

 

そんな中、コリントスの王女がイアソンを気に入り結婚を申し込んできたのです。これはつまり王になれると言うこと。願ってもいないチャンスにイアソンはメディアと別れることを決断しました。イアソンは王から多額なお金を貰い、メディアに子供と一緒に国を出ていくように告げます。これにメディアを激怒して、コリントスの王族を呪い殺してしまいました。

 

これにはイアソンも怒りメディアを問い詰めると、メディアは二人の子供も殺してしまい他国に逃げました。コリントスにもいられなくなったイアソンは実質全てを失い、数年後にはアルゴー号の残骸近くで寄りかかるように死んでいた。

 

まとめ

 

どうでしたでしょうか?いろいろと恵まれた環境にあり圧倒的なカリスマ性から英雄達を従えたイアソンでしたが、最後は孤独死することになってしまいました。彼は何を失敗したのでしょうか?メディアと出会ったことがいけなかったのでしょうか?きっと、謙虚さが足りなかったのではないではないかと私は思いました。

 

最後までありがとうございます。

 

www.chickennoneta.com

www.chickennoneta.com

www.chickennoneta.com