チキンのネタ倉庫

誰かの役にたったらいいなぁ、とゆるめなブログ

『インドの英雄』インド神話を代表する五人の英雄

f:id:adachi3939:20220417163812p:plain

この何十年でインド神話が元ネタになっている漫画が増えてるような気がする。ナルトくらいしか思い出せませんが、漫画が好きな人なら何かしらの閃きがあると思います。これはインドは世界的に注目浴びているのかも知れない。事実、世界人口はこれからインドや東南アジアに、集中するようになり、世界の中心が大きく変わると言われています。

 

インド神話は、その名の通りインドが発祥の物語です。ギリシャ神話を彷彿させる英雄であったり、インドの厳しいカーストの影響を伺える描写もある。よくも悪くともインドらしさがある神話とも言える。今回はインド神話の入門編ということで、神話に登場する有名な英雄を五人に厳然して、紹介していこと思います。どうぞよろしくお願いします。

 

 

アルジュナ

 f:id:adachi3939:20220417164322j:plain

『マハーバーラタ』の主役の一人であり、インド神話に置ける最強の一角、神弓ガーンディーヴァを操る。パーンダヴァ5兄弟の三年であるアルジュナは、弓矢の競技で兄弟に勝ち、妻を得た。兄弟の約束を破ったアルジュナは放浪の旅に出て、行き着く先で妻を娶ることになる。二度目の放浪ではインドラの武器を求めて旅に出た。長い旅の先に、インドラが化けた苦行者で会った。武器を学びたいとアルジュナは言ったが、インドラは「シヴァに会う」ことを条件にした。アルジュナがシヴァに会うために森にこもって、厳しい修行を行った。最初の一ヶ月は木の実を四日に一度食べて、次の一ヶ月は六日に一度木の実を食べた。三ヶ月になると14日に一回地に落ちた葉を食べた。四ヶ月も経つと絶食して、足の親指のみで立って過ごしたと言う。

 

この苦行の果てに満足したシヴァは、キラータの姿をしてアルジュナの前に現れた。同時期に猪の姿をした悪魔が現れたことで、アルジュナとキラータは二人で猪を仕留めたが、アルジュナは狩りの邪魔をしたと、キラータに戦いを挑んだ。アルジュナは神弓ガーンディーヴァによる一撃を食らわれるが、キラータは無傷で立っていた。矢が尽きると剣で応戦するが、キラータに効かない。ついには拳で立ち向かうが、アルジュナはキラータに敗北したのだった。戦いに満足したシヴァが本当の姿を表して、願いを叶えてやることにした。アルジュナは全世界を滅亡させる最強の武器「ブラフマシラス」を願い、これを習得した。シヴァが去った後に、インドラ、ヴァルナ、などの神達もこぞってアルジュナに武器を与えた。アルジュナは最強の英雄と成った。

 

カルナ

 f:id:adachi3939:20220417164438j:plain

アルジュナの宿敵であり、生き別れの兄に当たる英雄。つまりパーンダヴァ5兄弟の兄である。生まれながらにして黄金の鎧を身に纏った不死身であった。飛入りで参加した競技大会で、パーンダヴァ5兄弟と武芸を争い、彼らと因縁を持つことになる。パーンダヴァ族と敵対関係になるカウラヴァ族についたカルナは神々に説得された。それは神々はパーンダヴァ族につくので、争ってもカルナは勝てないと言うものだった。さらにはカルがパーンダヴァ5兄弟の兄にあたる真実を告げたのだ。負けが覚悟の上であると、断ったカルナだったが、インドラによって最大の強みである不死身を奪われた。カルナは数々の不利な呪いや、力を奪われた状態で宿敵であるアルジュナに戦いを挑んだ。クリシュナの恩恵を受けたアルジュナに首を撥ねられた。

 

www.chickennoneta.com

 

ユディシュティラ

 

『マハーバーラタ』に登場するパーンダヴァ5兄弟の長男。法の神ダルマの息子である。王位継承権を奪われることを危惧したカウラヴァ百兄弟によって、パーンダヴァ5兄弟は母と共に追放された。与えられた家が燃えやすいことを察したユディシュティラは、身代わりを用意して、生き長らえた。父から試練では、水を飲んだことで兄弟が死んでしまう。ユディシュティラは法の元で正しい受け答えをしたので、父ダルマに気に入られて兄弟はみんな生き返ることができた。また、彼の代名詞とも言える知識も得たのだった。

 

ビーマ

 f:id:adachi3939:20220417164612j:plain

『マハーバーラタ』に登場するパーンダヴァ5兄弟の次男。筋骨隆々の英雄で、怪力。棍棒を使って戦うことを好んだ。妻の願いによってサウガンディカと呼ばれる花を摘みに富神クベーラの庭に無断で闖入した。池の近くで目的の花を見つけたビーマだったが、100人以上の監視者によって守られていた。問答無用とビーマは100人以上の監視者を殺害した。このことで、太陽は陰り、大地は揺れて、竜巻は起こり、世界は滅亡するような天変地異に見舞われたエピソードがある。この物語ではハマヌーンと呼ばれる異母兄弟である猿と出会う。この猿は体が自在に伸び縮みしたり、飛翔したりできて、孫悟空のモデルになったと言われている。

 

ドゥルヨーダナ

 

『マハーバーラタ』に登場するカウラヴァ百兄弟の長兄。パーンダヴァの兄弟達と共に、ドローナの弟子となり武芸に励んだ。パーンダヴァ兄弟の長兄であるユディシュティラは王位継承のライバルであり、その弟ビーマには虐められてようで、幼少期からパーンダヴァ5兄弟に敵意を向けていた。サイコロ賭博によってパーンダヴァ兄弟との全面戦争が始まることになると、アルシュナとの戦いを見越してカルナと親友となった。全面戦争ではビーマと戦い敗北した。