チキンのネタ倉庫

誰かの役にたったらいいなぁと願うブログ

【アレクサンドロス三世】英雄逹も憧れた!征服王アレクサンドロス大王を解説

 

f:id:adachi3939:20200125205003j:plain

 

こんにちは、おはようございます。今回は大英雄・アレクサンドロス大王について解説していきたいと思います。アレクサンドロス大王と言えば、征服王、イスカンダル、アレキサンダー大王と色んな通称があり、若干困惑しますが、同一人物です。

 

彼は二十歳で王位を継承するとその短い人生で4500キロに及ぶ広大な地域を征服したとされる。その功績からのちの英雄である、ハンニバル、カエサル、ナポレオンも憧れとされています。現代でも、アレクサンドロスの影響力は強く、歴史上もっとも影響力のある人物であると挙げられるようです。

 
今回はそんなアレクサンドロスを紹介していきたいと思います。最後まで読んでくださると、とても嬉しいです。

 

 

 

生涯

 

王位継承前

 f:id:adachi3939:20200126004312j:plain

紀元前356年に生まれたアレクサンドロスは、マケドニアの王子として生を受けました。父であるピリッポス二世は、ギリシアで弱小国家だったマケドニアを強国にまで成長させたやり手であり、ヘラクレスの血を継ぐ一族で、母であるオリュンピアスはアキレウスの血を継ぐ一族だそうです。つまりアレクサンドロスはヘラクレスとアキレウスの血統を持った一族なんです。どういうことわかりませんが、ギリシア神話の英雄であるヘラクレスとアキレウスの子孫ってことなので神であるゼウスの血をアレクサンドロスは持っていることになります。また、母であるオリュンピアスや姉のキュロスは戦士としても優秀だったようなので、かなり期待されていたと思われる。

 

12歳になったアレクサンドロスは戦友とも言える相棒と出会います。父であるピリッポスの元に商人がやってきて、大きな馬を売り付けようした。だが、この馬はとても気性荒く誰も乗りこなすことができません。ところがアレクサンドロスは「腕前と勇気がなくて乗りこなせにばかりに、名馬を失うのか!」と馬が影に怯えていることに気づき見事に乗りこなしました。この馬は「ブーケファラス」と名付けられて、後にアレクサンドロスと共に戦場を駆け巡る相棒になります。

 

13歳になったアレクサンドロスは、あの有名な哲学者であるアリストテレスの元で学ぶことになる。アリストテレスは「万学の祖」と言われた哲学者で生涯で550冊も本を出した秀才です。アレクサンドロスは「高貴に生きることはアリストテレスから学んだと」言葉を残すくらいアリストテレスを師匠として尊敬したようです。

 

アレクサンドロスは偉大な先祖の生まれであり王族であったが、有名な哲学者からあらゆることを学んだことで、重圧に負けない実力を兼ね備えていったと思われます。事実、紀元前338年に父の指示でギリシア南部に出兵したアレクサンドロスは敵軍を壊滅させて初陣を勝利で収めた。この勝利によってマケドニアが、ギリシアの覇権を握ることに大きく貢献することになる。アレクサンドロスは次世代の王としての能力も証明したのでした。

 

王となり東方遠征へ
 

ギリシアの実権を握ることに成功しますが、父であるピリッポス二世が暗殺されてしまい、アレクサンドロスは二十歳にしてマケドニアの王となりました。王位と熟練の軍隊を受け継いだアレクサンドロスは、敵対者を排除してマケドニアを完全に掌握すると、全ギリシアとの同盟を唱え、事実上のギリシア制圧を成し遂げた。

 

そして、ギリシアの宿敵であるペルシア東征に出発しました。

 

マケドニア軍は、グラニコラス川でペルシア軍と対峙します。この戦いでアレクサンドロスは、先頭になって戦うと敵将を撃ち取る活躍をみせ、両軍に大きなインパクトを残すことでカリスマ性を証明しました。アレクサンドロスは、金髪で左右の目の色が違うオッドアイであったとされる。そんなカッケー容姿で、馬に跨がって敵将を討ち取りはじめたら、王でなく英雄そのものであろう。嫌でもカリスマを持ってしまいます。
 

f:id:adachi3939:20200126004349j:plain

この頃、アレクサンドロスはとある伝説を残している。ペルシア領の街を占拠したアレクサンドロスはゼウスの神殿を訪れた。神殿には古い戦車が祀られて、その戦車には「ゴルディアスの結び目」と言われる複雑に縄が結ばれていた。伝説では「この縄を解いた者はアジアの支配者になる」と言われていて、それを聞いたアレクサンドロスは剣で縄を両断して「運命とは伝説でもたらされるものではなく、自身の剣で切り開くものである」と兵に宣言した。この頃のアレクサンドロスはまだ20歳である。20歳がこんなことを高らかに言ったと思うと相当の自信があったのでしょう。

 

そして、天下分け目の戦いとも言える運命の戦い【イッソスの戦い】を迎えます。 

 f:id:adachi3939:20200126004407j:plain

ペルシア帝国のダレイオス三世が率いるのはペルシア軍12万人、対してアレクサンドロスが率いるマケドニア軍は四万人足らず。アレクサンドロスはこれまでにない戦法を確立して、ペルシア軍から五万人とも言われる戦死者が出して圧勝しました。アレクサンドロスはダレイオス三世と戦場で剣を交えたが、ダレイオスはビビって、母や妻、娘を置いて逃げ出したとされる。ダレイオスの家族はマケドニアの捕虜になったが、アレクサンドロスは丁重に扱いました。ペルシアには勝てないことを理解してダレイオス三世は和睦を申し出るが、アレクサンドロスは拒否してさらなる進軍を続けた。

 f:id:adachi3939:20200126004418j:plain

アレクサンドロスの快進撃は続き、難なくエジプトを攻略して、ファラオ(神であり、エジプトの王さま)になります。

 f:id:adachi3939:20200126004432j:plain

アレクサンドロスを侮っていたダレイオス三世は、ついに本気を出すことになってきます。遅すぎるくらいですが、20万前後の大軍を準備してガウガメラの戦いに望みます。マケドニア軍は4万7000くらいの兵力。【イッソスの戦い】以上の兵力差。それでも、アレクサドロスが率いるマケドニアの大勝利に終わりました。アレクサンドロスの天才的な戦術はどんな兵力差でもなんの問題もなかった。またしてもダレイオスを追い詰めますが、味方の救援要請があって逃がしてしまいます。しかし、逃亡中にダレイオスは味方に殺害されることになります。これで、アレクサンドロスはさらなる進軍を実現させて、ペルシア領土の都市を次々と侵略してペルシアの帝国の王となりました。

 

アジア進出

 

アレクサンドロスは優秀なペルシア人は積極的に採用して軍の強化を図った。この判断に古参のマケドニア将校は強い反発を見せたと言う。しかし、アレクサンドロスは無視した。そればかりか追放したり、親友を自身の手で殺害するようなこともあったと言う。(追放した者は後から再採用・親友を殺害したことはすっごい後悔した模様)しかも、アレクサンドロスの暗殺計画を企てる者も現れた。それでもアレクサンドロスの中では野心が勝ったようでアジアに進出した。中央アジアでは過酷なゲリラ戦を強いられて、さらには遊牧民族との激しい戦いで士気は低下していたが、遊牧民族の王に「アレクサンドロス様の言うことは何でも聞きます」と言わせた。

 f:id:adachi3939:20200126004443j:plain

この頃にアレクサンドロスはロクサネに一目惚れをして結婚することになります。

 

それでインドに進出しました。インドの敵は「象」と言う秘密兵器を持っていたので、今までとは違う戦闘に苦戦しましたが、最後には辛くも勝利しました。アレクサンドロスはさらなる進軍を渇望しますが、兵士達の疲労はピークに達してペルシアに戻る決断をすることになります。また、名馬ブーケファラスが戦での傷が原因で亡くなりアレクサンドロスはかなり悲しんだ。

 

ヘレニズム文化

 

帰国したアレクサンドロスは征服した地域の管理に力を入れました。ペルシア、マケドニア、バビロンなどの膨大の地域を同君連合の形を取りアレクサンドロスは王となる。円滑な征服を行うために積極的にペルシア人を採用して、アレクサンドロスはペルシア人に受け入れて貰えるように努力した。一説では、ペルシアを侵略していくうちに、ペルシアの高度な文化に感激して、宿敵であったダレイオス三世を尊敬するようになったからと言われています。

 

こうして行われたのは、スーサでの合同結婚式です。マケドニアの兵士とペルシアの女性による結婚式行われ、文化の融合が成されました。アレクサンドロスもダレイオス三世の娘と結婚することになる。しかし、マケドニア人は半ば強引に結婚させられたので不満の声があがり、「マケドニアの文化」を蔑ろにしていると猛反対する動きもあった。対してアレクサンドロスはマケドニア側の意見を聞く気は全くなかったようだ。

 

急死

 f:id:adachi3939:20200126004557j:plain

ヘレニズム文化を浸透させるための活動を続けていくアレクサンドロスは、アラビア遠征計画をしますが、紀元前323年6月10日に32歳の若さでこの世を去りました。蜂に刺されたことで10日間高熱にうなされたそうです。

 

一説には強引な文化融合によって暗殺されたとも言われている。若くして亡くなってしまったアレクサンドロスですが、歴史上でもトップクラスの大帝国を建国して世界の英雄達が憧れる存在となります。アレクサンドロスは後継者をちゃんと指名せずに「もっとも強い者が帝国を継承せよ」と遺言を残したことで、帝国は内乱に突入することになります。最初の妻であるロクサネと長男アレクサンドロス4世、異母兄弟、母や姉、有能な将校。それぞれの野心が複雑に絡んだ内戦が勃発して、帝国は瓦解することになる。
 

アレクサンドロスの母視点も書いています。

 

www.chickennoneta.com

 

 

アレクサンドロス三世の人物像

 

ヘラクレスとアキレウスの子孫?

 

上記でも説明しましたが、アレクサンドロス大王の父はヘラクレスの子孫で、母はアキレウスの子孫だそうです。なかでもアレクサンドロスは、アキレウスに心酔していた。遠征途中でわざわざ離脱してトロイに向かいアキレウスの墓を訪れた。それで神殿にあるアキレウスの盾を貰ってきて、常に持ち歩いていたらしい。アキレウスはヘクトールを破り、その遺体を戦車と繋いで走り回った神話はある。アレクサンドロスはそれと同じことをやったそうだ。自身がアキレウスの生まれ変わりであると信じて疑わないくらいアキレウスに憧れていた。

 

www.chickennoneta.com

 

 

www.chickennoneta.com

 

生涯無敗だった

 

二十歳頃にアレクサンドロスは初陣する。それから王になり大遠征が終わる十年間で負けはなかった。それを可能としたのは、単純に当時のマケドニア軍が間違いなく世界最強の軍隊だったからだ。素朴な食生活を好むマケドニア人は健康的で質のいい兵士であり、しっかりとした訓練もされていたので統率力が高った。ファランクスと呼ばれる伝統的な長槍を活かした兵の編成を改良して、臨機応変に対応することを可能とした。さらには、当時としては先駆けでもあった投石機などの導入や、兵糧攻め、ヒットアンドアウェイの戦術であったり、卓越した戦法を駆使していたようだ。

 

アレクサンドロスは自身も兵士であり、敵将を討つ活躍を見せた。前線へ積極的に行くので自身が大怪我をすることもあったが、勇敢な王の姿に部下の士気を上昇、臨機応変な指示も可能とした。

 

これら特異な要素を持っていたからこそ、マケドニアは最強であり、アレクサンドロス大王は生涯無敗であった。

 

酒癖が悪かった?

 

父であるピリッポスは酒癖が悪く、息子であるアレクサンドロスに剣を向けたことがある。その血を引いてなのかアレクサンドロス大王は酒癖が悪かった。宴の席で部下と口論となり切りつけたこともあったようだ。一番ヤバイのは、ペルセポリス炎上事件でしょう。ペルシアの都市ペルセポリスを酒の勢いで燃やしたらしい。

 

www.chickennoneta.com

 

大遠征の理由とは?

 

名誉欲と言われています。元々は国の貧富の差を広がることを恐れて、農民に領土を与えて秩序を守ることが目的でした。ピリッポスの意思と優秀な軍隊を引き継いだアレクサンドロスは留まることなく帝国の領土拡大に力を入れました。はっきりと断定する理由はないようですが、それは恐らく「名誉欲」ではないかと思われる。アキレウスに憧れたアレクサンドロスは彼を越えようとしたのかも知れません。もしくは「名誉」を欲した兵士達を従わせることを目的として、戦争を続けた?

 

女が苦手だった?男好き説

 

大王にへファイスティオンと言う名前の親友がいました。彼とは幼馴染であり側近でもあった。この二人は肉体関係があった可能性が高いそうです。当時は得に男同士が関係も持つことは珍しくはありませんでした。遠征の忙しさもあったからでしょうけどアレクサンドロスは29歳で初婚を経験したのも、へファイスティオンを愛していたからかも知れません。へファイスティオンは病で亡くなるとアレクサンドロスは治療をできなかった医師を殺害して、へファイスティオンを神として崇めるように指示をした。その一年後にはアレクサンドロスも当然死することになる。

 

トランプのモデルと九偉人

 

アレクサンドロスは死後も伝説となり、トランプのモデルなどにも選ばれることになります。

 

www.chickennoneta.com 

www.chickennoneta.com

 

またナポレオンやカエサル、ハンニバルもアレクサンドロスに憧れました。

 

www.chickennoneta.com

 

まとめ

 

あまりにも大昔の人なので、学者や作家による創作も混じっている可能性が高い。ですが現代にまで語り継がれる大英雄であることには間違いはないので、名前くらいは知っていても損がない偉大な英雄だと思います。

 

ここまでありがとうございました。

 新訳 アレクサンドロス大王伝

新訳 アレクサンドロス大王伝

  • 作者:プルタルコス
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2017/06/26
  • メディア: 単行本

 

 

www.chickennoneta.com

 

www.chickennoneta.com