チキンのネタ倉庫

暇潰し、話題作り。誰かの役にたったらいいなぁと願うブログ

【リチャード一世】「獅子心王」と呼ばれ戦争と冒険に明け暮れた王様について

 f:id:adachi3939:20190612235009j:plain

王様でありながら戦争に明け暮れたリチャード一世をご存じでしょうか。10年間もイングランドの王様をやっていたリチャード一世ですが、イングランドに滞在にしていたのは、僅か6ヶ月。英語を話すこともできなかった。


そんな、王様らしくないリチャード一世ですが、戦は上手かった。


王としての才覚よりも、将軍としての統率力の高さ、死を恐れない騎士道精神を評価された王様です。なかでも圧巻なのがエルサレムを奪還したサラディンとの戦い。


今回は「獅子心王」と呼ばれた騎士王について解説していきたいと思います。


 

 

 

即位前

 

1157年9月8日に生まれたリチャード一世には、兄弟が五人いました。正当後継者である長男が亡くなると、兄弟四人によって分割相続が予定されました。


リチャードを含め三人の兄弟には土地が与えられましたが、末っ子であるジョンには土地があたえられなかったので、ジョンは欠地王と呼ばれます。


とりあえずこの時点では、何ら問題はなかった。


しかし、父であるヘンリ二世は次第に権力を握るようになり、しまいにはジョンに王位を継承させるような考えを示した。それで、リチャードを含めて他の兄弟は反旗を翻した。このように父ヘンリ二世のジョンへの偏愛、フランス王の介入、母であるエレオノールの助力もあり、父と兄弟の覇権争いは絶えなかった。

 

即位後


父、兄が死んだことで、1189年にリチャードはイングランドの王に即位します。即位してすぐに第三回十字軍遠征の要請があったので、リチャードは王庫の金、軍役代納金だけでは足らないために、城、所領、などを売却して資金を集めました。その熱意は「適当な買い手があれば、ロンドンも売る」と言っていたとされます。


1190年にフランスの王・フィリップ二世、ドイツのローマ皇帝・フリードヒ一世たちと、リチャードは十字軍を率いて、サラディン率いるアラブ軍と戦うことになります。しかし、フリードヒ一世は進軍途中で、不慮の事故で他界したのでドイツ軍は撤退、元々仲の悪かったフィリップ二世はアッコン陥落後帰国してしまった。事実上十字軍のトップはリチャード一世のみになり苦しい戦いが続きました。


リチャードは王としては落第でしたが、騎士として将軍としての実力は確かなもので、エルサレムを奪還したサラディンと互角以上の戦いを繰り広げた。


だが、長期に渡る戦いで兵士は疲弊してしまったのでサラディン側と休戦協定を結ぶことになりリチャードは帰国することになります。

 



王の身代金


リチャード一世は「獅子心王」と呼ばれるのは勇敢軍人としてだけではなく、その尊大で短気な性格もあります。交渉が上手く進まないと捕虜を虐殺したりしていました。


その性格が災いして、オーストリア公に恨まれていて、帰国途中にアドリア海で遭難していたリチャードは捕虜にされてしまいました。


王を解放するための身代金はかなりの高額だったようです。あまりにも高額だったので、お金を一度で払いきることは不可能。後払いとしてもらうかわりに、人質200人を差し出します。また身代金の支払いのために、国民は年収の四分の一を納めて、騎士に冥加金、教会には金銀の放出が求められた。


やっと解放されたリチャードでしたが、すぐに戦争に向かいます。捕虜になっているあいだに、弟のジョンがリチャードを死んだことにして王位を奪おうとしていましたが、帰国後に王位を回復して再び王になります。


その後、フランスのフィリップ二世と争い各地を転戦します。1199年3月25日、鎧を脱いでいたとき、肩にクロスボウの矢を受けてしまい、その傷がもとで4月6日にリチャード一世は41歳で亡くなりました。

 

まとめ


リチャード一世には数々の逸話があります。英語(イングランドの言葉)が話せない、自らの剣をエクスカリバーと読んでいた、同性愛者を疑われていた(子供がいない)など個性の強い王様やと思いました。


興味を持たれたかたは、ご自分でお調べください。


最後までありがとうございました。