チキンのネタ倉庫

暇潰し、話題作り。誰かの役にたったらいいなぁと願うブログ

【ゼウス】ギリシア神話最大の神であり、最強の神について

 f:id:adachi3939:20191005225456j:plain

おそらく世界で一番有名な神様であろうあの方、ゼウスについての記事を書いていこうと思います。ちょっと昔ならビックリマンとか、最近ならパズドラとか、昔からゼウスは創作のネタになっているので、知らない世代なんていないくらいの神様やと思います。知名度は最強クラス。神話でも最強クラス。ではギリシャ神話の神、ゼウスのご紹介をしていこうと思います。

 

最後までどうかよろしくお願いいたします。

 

 

誕生からティタノマキア

 

ギリシア神話ってどんな話かと問われれば、多分僕は「壮大な身内争い」もしくは「世界を巻き込んだ親子喧嘩」と答えると思う(たぶん言わない)。けど、スケール違いの家族喧嘩であることは正しい。特にゼウス編はそんな感じです。

 

f:id:adachi3939:20191005225516j:plain


ティタン神族のクロノスは父であるウラノスの性器を切り取って追放することで自らが頂点が立った

 

しかし、どういう訳なのかウラノス、クロノス、のちにゼウスも悩むことになるのですが、予言によって「子供に覇権を奪われる」と宣言されます。クロノスは大変ビビりました。それでどうしたかと言うと、子供を飲み込むことにしました。

 

嫁が子供を生むたびにクロノスは、ヘスティア、セレス、ヘラ、ハデス、ポセイドン、と順番に飲み込んでいきました。さすがの嫁さんも、生まれた子供をこのまま食わせ続けるわけにはいかないので、末っ子であるゼウスを石とすり替えたのでした。嘘やろと思いますが、そんな感じです。

 

隠れて育てられたゼウスは無事に成長して、ティタノマキアを勃発させます。まず父クロノスに、おう吐薬を飲ませて兄弟達を助け出すことに成功します。


f:id:adachi3939:20191005225545j:plain

 

兄弟達はクロノスの中にいたので成長が止まっていて、兄弟の生まれた順序が逆転したそうです。オケアノスなどティタン神族のなかにはゼウス側につく者もいましたし、あくまで中立の立場をとる者達もいました。

 

ゼウスはクロノスの兄弟であり幽閉されていたキュクロプスとヘカトンケイルを味方につけて、キュクロプスからケラノウスと言う雷を操る武器を貰いました。ケラノウスの威力は絶大で全宇宙を焼き付くすことができるほどで、オリンポスでも最強クラスの力でした。

 

この力もあってクロノス率いるティタン神族を一人残らずタルタロスに幽閉することで、ゼウスは全宇宙の頂点に立ちました。

 

ギガントマキア

 

父を倒し全宇宙の支配者となったゼウスですが、敵はまだいました。それは祖母であるガイアです。クロノスをはじめ自分の子供であるティタン神族をタルタロスに幽閉されたことにぶちギレて、巨人族であるギガスを引き連れて、オリンポスの神々、ゼウス達に戦争を仕掛けてきたのだ。この戦いを有利に進めるために、ゼウスは人間の力を必要としてヘラクレスを誕生させたらしい。ヘラクレスのおかげで、巨人族との戦いは勝利することができた。だがしかし、ガイアはこんなでは諦めなかった。

 

最終決戦

 

あらゆる生体の母であるガイアはどういう理屈か、タルタロス(冥界よりも下にある混沌)と交わり、ギリシア神話史上最大の怪物テュポーンを作りました。この怪物はとにかくデカイ。頭は星々をかすめ、腕を伸ばせば東西に達して、身体中に蛇の頭が生えていた。とにかくスケールの違う化け物でした。オリンポスの神々は逃げ出したので、ゼウスは一人で立ち向かうことになります。両者の戦いは想像を絶するほどの激しいもので、一つの文明が崩壊するみたいな、全世界をリセットする勢いの戦いでした。


なぜかゼウスは接近戦に持ち込んでデュポーンの怪力に敗北。武器を取り上げられて、さらに手足の腱を切られて幽閉されることになります。

 

息子であるヘルメス達に助けられたゼウスはすべての力を取り戻して、デュポーンとの第二ラウンドがはじまります。デュポーンは前の戦いでの傷が癒えていなかったのか、ゼウスが優勢に戦いを進めていきました。デュポーンは深手を負い戦いを放棄すると、どんな願いでも叶う「勝利の果実」を手に入れようと女神を脅しました。それで手に入れた果実はまさかの「無常の果実」でデュポーンは力を失ってしまい、ただの図体の大きい怪物になりました。

 

追い詰められたデュポーンは最後の悪あがきとして、山脈をゼウスに投げ付けました。ゼウスはケラノウスで簡単に山脈を弾き返してデュポーンを永遠に山脈の下に封印しました。

 

こうしてすべての戦いに勝利したゼウスは世界を平定して、神々の長としての立場は揺るがないものになりました。

 

女性関係

f:id:adachi3939:20191005225651j:plain


ゼウスは何度か結婚を繰り返して最終的にはヘラと永遠に結ばれることになりますが、ゼウスの女癖の悪さは、前代未聞でしょう。女関係はゼウスにとって切り取れないエピソードがたくさんあります。そのなかでもゼウスの最初の妻メティアとのエピソードを紹介します。

 

メティアとの子供が生まれときゼウスは「子供に実権を奪われる」と予言を受けます。これって聞き覚えがありますね。そう、ゼウスの父、そして祖父も受けた予言です。これにゼウスは父と似たような行動を取ります。飲み込むんですが、クロノスとは違って嫁ごと飲み込んでしまいました。

 

あるときゼウスは激しい頭痛に悩んで、へパイトスに頭を叩き割ってもらいました。そこから出てきたのがアテナです。ゼウスの中でアテナは成長を続けていたようで鎧を着用した成人の姿で生まれたとされます。アテナはゼウスから生まれたことで、ゼウス親子の呪いのような運命は崩れて、ゼウスの実権は揺るがないものになった。

 

ゼウスは次にテミスと結婚しますが、以前から目を付けていたヘラと交わりたくてカッコウに変身して近づきます。ヘラが結婚を条件に交わることを承諾したので、テミスとわざわざ別れてヘラと結婚しました。

 

このようにゼウスの女癖の悪さは異常です。常軌を逸しているのです。ヘラと結婚した後もゼウスの女癖は半端ありません。多くの愛人がいたゼウスは、ヘラクレスやらペルセウスをはじめたくさんの子供を作り続けました。結婚の神であるヘラはめっちゃ怒りましたが、最高神であるゼウスに天罰を与えることはできないので、愛人やその子供に天罰を下したようです。例えばヘラクレスの母はゼウスに言い寄られたときはちゃんと断ったのですが、ゼウスは旦那に変身して近づいてきたので、ヘラクレスが生まれたわけなんです。ヘラクレスの母は騙されたので被害者なんですが、ヘラクレスは一生涯ヘラに命を狙われています。

www.chickennoneta.com

 

 

まとめ

 

ゼウスについて書かせて貰いました。全知全能の神と言われるゼウスなので、なんでもありな神でビックリしたと思います。ギリシア神話の登場人物は個性が強いのが多いので、これからも紹介していきたと思います。

 

最後までありがとうございました。