チキンのネタ倉庫

暇潰し、話題作り。誰かの役にたったらいいなぁと願うブログ

【ジークフリート】竜殺しの英雄に待ち受けた悲劇的な結末について

f:id:adachi3939:20190825132750j:plain



今回は北欧神話の英雄、ジークフリートと、同一の人物とされるシグルズを紹介していきたいと思います。ジークフリートは、「ニーベルンの歌」に登場する竜殺しをしたことで有名な人物で、ドイツでは国民的な英雄です。対してシグルドは「ヴォルスンガサガ」に登場する北欧神話の大英雄。

 

同一の人物とされているようですが、ほぼ別人だと思うのでバラバラの記事で紹介するのもありだと思いますが、あえて一緒に紹介していきたいと思います。

 

よろしくお願いいたします。


「ニーベルンの歌」

f:id:adachi3939:20190911224537j:plain

 

ネーデルランドの王子ジークフリートは、名剣バルムンクを持つ国士無双の英雄だ。ジークフリートは、名高い美女と呼ばれるクリームヒルト姫の噂を聞き付けて求婚することにした。一方、クリームヒルトの兄であるグンテルは、イースラントの女王ブリュンヒルトに求婚していたが、上手くいっていなかった。

 

まあ、上手くいくはずがない。このブリュンヒルトはそれなりの美貌を持った魅力的な女性であったが、武術の達人でめっちゃくちゃプライドの高い女性だったのだ。過去にも幾度も求婚されてきたが、「私と武術の勝負をして勝てたのなら妻になりましょう」と条件をつけて求婚者を殴り殺してきた。グンテルも例には漏れず、勝負することになるのだが、はっきりいって無謀な挑戦である。

 

そこでジークフリートはグンテルを助けることにした。姿を隠すマントを着たジークフリートは、グンテルとブリュンヒルトの対決に混ざりグンテルを勝たせたのだ。こうして二人を結婚させたジークフリートは、国王に認められて、クリームヒルトと無事に結婚することができた。

 

ところがプライドの高いブリュンヒルトは、婚礼の夜にグンテルを素っ裸にして天井にぶら下げるという暴挙にでた。とんでもない女である。この話を聞いたジークフリートは、グンテルに変装して寝室に行きブリュンヒルトを力ずくで押さえ込んだ。それから、ブリュンヒルトはグンテルに従うようになった。

 

数年後、クリームヒルトとブリュンヒルトはどちらの夫が優れているかで喧嘩をしてしまいます。ジークフリートはグンテルの部下であると聞いていたブリュンヒルトはクリームヒルトを侮辱しました。クリームヒルトは、仕返しとばかりに、ブリュンヒルトの処女を奪ったのジークフリートと公で言い出して、証拠を突き付けた。


それはブリュンヒルトの帯と指輪。


あの夜に、ジークフリートは回収していて、クリームヒルトに渡していたのだ。


本当に処女を奪ったわけではなかったので、ジークフリートは否定したがブリュンヒルトはめっちゃ激怒した。どれくらい激怒したかと言うと、ジークフリートの命を奪う計画を立てるくらい。

 

ブリュンヒルトの怒りをグンテルは黙認するばかりか積極的な協力態勢。グンテルは罠がある狩りにジークフリートを誘誘うのでした。それで、泉で休んでいたジークフリートは、弱点である背中を槍で突かれて亡くなった。遺体はクリームヒルトの寝室の外に捨てられた。

ここまでが「ニーベルンの歌」の前半です。ジークフリートはそうそうに退場してしまい、後半はクリームヒルトの復讐劇になり、クリームヒルトはフン族のアッティラと結婚して母国への復讐を誓います。

 

 

www.chickennoneta.com

 

それで戦争が起こって、クリームヒルトは兄であるグンテルを斬首したり、直接ジークフリートを殺したハゲネを倒して復讐を成功させますが、クリームヒルトも切り殺されてしまいました。


「ヴォルスンガサガ」

f:id:adachi3939:20190911224602j:plain

 

北欧神話の最高神オーディンの末裔である名家の生まれであるシグルズでしたが、父である英雄シグムンドが亡くなると、母はデンマークの王と再婚することになり、シグルズは鍛冶屋のレギンに育てられることになりました。

 

レギンの元で様々な知識や技術、さらには名剣グラムを与えられたシグルズは一人前の戦士に成長した。

 

実は、レギンにはとある思惑があります。それは弟でありドラゴンに変身したファフニールをシグルズに退治してもらい、黄金を生み出す魔法の腕輪を手に入れることだったのです。

 

無事にファフニールを倒すことに成功して、さらにドラゴンの血を舐めたことで不死身の体を手に入れ、ついでに動物の声を聞けるようになったジークフリートは、レギンが悪いやつであることを森の動物達に教えてもらいました。それで、ジークフリートはレギンを倒してしまい、黄金の腕輪を持って新たな旅に出ることになりました。

ある日、オーディンによって炎の檻に閉じ込められていたブリュンヒルトを助け出したシグルドは、彼女に恋をして二人は結婚をする誓いを交わしますが、邪魔が入ります。

 

ギューキ王国のクリームヒルトは、シグルズと黄金を生み出す腕輪を欲して暗躍します。魔術の心得があったクリームヒルトはシグルズから記憶を奪い、別の女性と結婚させてしまいました。

 

ここからは「ニーベルンの歌」と似ていて、ブリュンヒルトはグンナムに求婚されますが、それを拒否。しかしシグルドの力で結婚をすることになります。のちに事実を知ったブリュンヒルトはシグルドを暗殺していまい、その遺体を炎で焼いた。後悔をしたブリュンヒルトは自らの体を焼き、あの世でシグルドと結ばれることを願って焼死しました。

 

まとめ

 

様々な思惑の果てに犠牲となるのが、ジークフリートです。悲劇的な英雄のご紹介でした。

 

最後までありがとうございます。