チキンのネタ倉庫

誰かの役にたったらいいなぁと願うブログ

成り上がり!出世し過ぎな偉人達

 

現代と違い職業に自由がない時代に、常人の何倍も努力して、時代の流れに上手く乗ることで、成功した偉人は結構います。今回はそんなスゲー奴らご紹介しようと思います。

 

 

 

豊臣秀吉

 f:id:adachi3939:20200506195103j:plain

日本史で出世し過ぎな偉人と言えばこの人物でしょう。出生すらわかないような下級下層の人物が「天下を統一」して、日本のトップにまで登り詰めるのですから、とんでもないことだと思います。天下統一の土台は殆どが織田信長が成し遂げたことですが、「本能寺の変」で信長が明智光秀に討たれると、いち早く戻り(中国大返し)山崎の戦いで明智を打ち破り、信長の後継者としての地位を得た。実は「本能寺の変」に関与していた説があるなど、「信長の死」を事前に知っていたとしか思えないような迅速な対応に、歴史家たちの中には秀吉が黒幕なのではと説を唱える方もいるようです。

 

劉邦

f:id:adachi3939:20200323205336j:plain

農民出身者から王にまでなった中国の英雄。若い頃から飲んだくれていたようで、仕事も殆どしていなかったとか。結婚して二人の子供に恵まれてもそれは変わらず、身分の高い一族から嫁いだ嫁さんに働かせていたらしい。それでも、劉邦は自然と人を引きつける不思議な魅力で大成することになる。始皇帝の死により混乱した中華を導き、中国史上最大の英雄と言われる項羽と天下を分けることになる。負けが続くが、劉邦の人柄に好意を抱いた同世代の英雄達を味方につけることで、項羽との絶対的な差を縮めて天下統一を果たした。

 

www.chickennoneta.com

 

ナポレオン

f:id:adachi3939:20190812235900j:plain

元々は田舎の下級貴族の出身で血縁に恵まれてるわけではなかった。フランス革命と呼ばれる激動の時代だったとは言え、僅か35歳で国のトップにまで登り詰めるのは異常ではないでしょうか。しかもフランス革命は王政反対的な活動だったのに。アレクサンダー大王やハンニバル、カエサルに影響されて「英雄」になることを密かに夢見ていたナポレオンは子供の頃から努力家だったそうです。努力もあって軍事学校を飛び級で卒業して16歳で軍人デビュー、そこからとんでもないスピード出世の果てに皇帝となります。ところが、戦争で勝利すること、常勝だったからこそ、維持できた皇帝の地位は戦争の敗北で失うことになる。最期は英雄から一転して孤島で監禁され罪人扱いのまま亡くなることになる。

 

www.chickennoneta.com

 

朱元璋

 f:id:adachi3939:20200506195147j:plain

中国の長い歴史のなかでも、農民から王にまで出世したのは、劉邦と朱元璋だけ。しかも朱元璋は食っていくことも難しいくらい貧しい農家の出身でした。疫病が流行ったこともあり、孤児となった朱元璋は寺に入って食いつなぐことを強いられた。時代の流れに巻き込まれた朱元璋は盗賊の頭を務めることになり、40歳で王になった。ただし、王になってからの朱元璋は猜疑心全開のパワフル野郎に成り果てる。これまで支えてくれた家臣達をまとめて処刑してしまったのだ。犠牲者は4万人らしい。まあ、それまでの中国の歴史からすると家臣なんて信用できなくなるかも。

 

ロクセラーナ

f:id:adachi3939:20200119173624j:plain

ロクセラーナはウクライナ西部で祭司の子供として生まれたが、奴隷商人に捕らえられてスレイマン一世に献上されることになってしまう。それでハレムと呼ばれる日本で言うところ大奥的なメンバーの一員になってしまう。ロクセラーナはそのような状況になっても悲観するような女性ではなかったので、奇抜な格好を好むなど目立つ存在になる。このこともあってスレイマン一世の目に止まるようになったロクセラーナは身分を上げていき、ついには夫人となった。スレイマン一世に言い寄ってライバル達を追放することに成功したロクセラーナは、オスマン帝国の法律を変えさせて、事実上の一夫一妻を成立させた。正式に皇后になったロクセラーナでしたが、自身の地位だけでは満足はしません。次の王に自身の子供が継承できるように暗躍したのです。スレイマン一世の長男であるムスタファは国民からの人気も高く、優秀だったので誰が見ても次の王に相応しい人物でした。そこでロクセラーナは「ムスタファには離反の可能性がある」と嘘の手紙をスレイマンに送り、処刑させたのだ。これは国民の間で噂が広まりロクセラーナの人気は落ちた。ロクセラーナは自身の子供が王位に付く前にこの世を去ることになる。

 

www.chickennoneta.com

 

明智光秀

 f:id:adachi3939:20200506195235j:plain

織田信長にクーデターを起こして天下に急接近した明智光秀ですが、出生が記録に残らないような下級の出身だったりします。最近の研究では歴史にはじめて登場するのは、「足軽」としてみたいです。その頃は医療技術などを披露して活躍した。そこから主君を幾度か渡り歩き、はんば強引に勢いに乗っていた織田信長に仕えることになる。説は数ありますが、織田信長と意見が合わなくなり、離反したとされています。足軽から天下を目前にしたことを考えると秀吉の次にスゴイのではないでしょうか?最終的には秀吉に敗北してしまい、定かではありませんが農民に殺されたとか。一説でその後に「天海」と言う名の僧となり家康をサポートしたらしい。

 

ユスティニアヌス

f:id:adachi3939:20190825150918j:plain

東ローマ帝国の皇帝で、地中海周辺の領土を再統一したことで大帝と評される英雄です。ユスティニアヌスは農民として生まれましたが、叔父が軍人として出世していき皇帝になると、ユスティニアヌスの人生も変わってくる。叔父の養子となったユスティニアヌスは、英才教育を受けられる環境となり気づけば叔父の跡を継いで皇帝になりました。ただ、運が良かっただけではなく実力も確かなもので、領土の拡大や、ローマ法の改正など、才能を発揮することになる。実は、嫁のテオドラもダンサーから皇后になった人物で、夫婦揃って大出世していることになります。晩年は長年に渡る戦争とペストの流行でローマは衰退することになる。

 

カエサル

f:id:adachi3939:20190204203011j:plain

「賽は投げれた」「来た、見た、勝った」「ブルータス、お前かもか」など数々の名言を残したローマの英雄カエサルですが、実は遅咲きの英雄だったりします。叔父が政争に敗れたことで、19歳でローマを亡命することになる。ほとぼりが冷めたことでローマに帰還したカエサルは弁護士として活動をしますが、連戦連敗。弁護士としての才能は一ミリもなかった。若くしてハゲとなり、借金王なんて言われたりと、ハードな人生を歩んでしましたが、40歳にして執政官となります。弱い立場の出身だったからこそ、当時の貧富の差を縮めるような改革を進めていくことで多くの民衆の心を掴んだ。このこともあって独裁官になるとローマの変化を恐れた元老院に暗殺されることになります。

 

www.chickennoneta.com

 

ヒトラー

f:id:adachi3939:20200224220522j:plain

大量虐殺を指示したことで20世紀最大の独裁者とされるヒトラーは、軍人となり、政治家に転身した。計算された天才的な演説を武器に大統領、総督となります。第二次世界大戦ではヨーロッパの殆どの占領します。ヒトラーやらかした最悪のことは「ホロコースト」と呼ばれるユダヤ人の迫害です。600万人のユダヤ人が迫害されて、100万人が殺害された。第二次世界大戦で敗北が決定的になると自殺を選ぶ。ヒトラーは元々画家希望だったりする。若い頃は結構本気で絵を書いていたようです。ですが才能に関しては、イマイチだったみたいで、「下手ではないのですが独創性にかける」みたいな評価だった。

 

リンカーン

f:id:adachi3939:20190825161233j:plain

「人民の、人民による、人民のための政治」などの言葉を残した奴隷開放の父。農家の子供で決して裕福ではなかったし、先住民に父を殺されているし、姉も出産で亡くしている。かなりハード人生でスタートしたリンカーンですが、25歳で当選して政治家としての道を進むことになります。それまでに雑貨屋、軍人、弁護士、政治家と着実にキャリアアップしていくリンカーンは、51歳で大統領に就任しました。ただ、就任当初から奴隷に反対する考えだったので、「奴隷開放宣言」をすると命を狙われるようになり、1865年に後頭部を拳銃で撃ち抜かれて、翌朝に死亡が確認されたました。

 

さいご

 

今回ご紹介した成功した人達の共通点は、常人の倍は努力していた、運が良かった、時代の流れに上手く乗り、自分を貫いたことでしょうか?ビジネスチャンスを狙うそこのあなたも、成功した偉人に習って時代のニーズに合ったビジネスをすると上手くいくかも知れません(笑)