チキンのネタ倉庫

暇潰し、話題作り。誰かの役にたったらいいなぁと願うブログ

【ペルセウス】神々から多彩な武器を預かった英雄について

 f:id:adachi3939:20191103200522j:plain


今回はギリシア神話のペルセウスです。ペルセウスは神であるゼウスと人間の子供で、神々から特殊な力を持った武器を借りて、凶悪な怪物メドューサを倒した英雄と知れています。神から借りた武器は多彩で、鏡のような青銅の盾、空を翔ける羽が付いたサンダル、歴代の神も使った刃物ハルぺー、姿を消す兜、そしてメドューサの首による石化能力。一説にはペガサスを使役したとも言われています。ギリシャ神話に登場する英雄の開祖的な立ち位置でもあるので、紹介しなくてはならない英雄です。

 

と言うわけで、なるべく簡単にペルセウスをご紹介できたらと思います。最後までどうかよろしくお願いたします

 

 

誕生

 

アルゴス王アクリシオスは王位継承者を可能とする男子の子供が望んだが、娘のダナエーしかいなかった。そこで神託を受けたのだが、「息子は生まれない。孫によって殺される」と、とんでもない内容にアクリシオスはダナエーを地下牢に閉じ込めた。

 

その頃、神々世界ではアルゴスのダナエーが美しい女性であるとゼウスが聞きつけて、行動を起こしていました。地下の牢獄に潜入するのはむずかしいですが、ゼウスは雫に変身してダナエーに降り注ぐことで妊娠させたのです。さすが神様。人間業ではありません。そんな感じで赤ん坊が生まれたことを聞きアクリシオスは恐怖のあまりに殺そうとしますが、ゼウスの子とわかるとそんなことはできません。なので、孫と娘を木箱に押し込んで海に捨てたのでした。

 

メドューサ退治

 

運良くセリポス島に流されたペルセウスとダナエーは漁師に助けられて、しばらく平穏に暮らしました。ペルセウスが青年にまで成長した頃に災難が降りかかります。セリポス島の王がダナエーに恋をして、ペルセウスが邪魔になり、ペルセウスを殺害する目的で島を荒らす怪物メドューサ退治を命じるのでした。

 

このメドューサはゴルゴン三姉妹の一人で、元々は人間だった。神であるアテナと美しさを競い合ったことで怒りに触れ、髪を蛇にされて、見た者を石にする怪物にされていたのだ。

 

まず、ペルセウスはメドューサの居場所を聞き出すために、ゴルゴン三姉妹の妹に当たるグライアイ三姉妹の元に向かった。グライアイ三姉妹は生まれつき醜い老婆で三人でたった一つの眼と歯しか持っていなかった。ペルセウスはメドューサの居場所を聞き出すために、眼と歯を奪って無理矢理聞き出すことに成功します。英雄らしからぬ方法ですが相手が怪物なので、手段は選べません。

 

本題ですがメドューサはかなりの強敵です。いかに半神半人とは勝ち目はない。父であるゼウスの計らいもあり、ペルセウスは神々から多くの武器を貸し与えられました。

 

アテナからは鏡のような青銅の盾、ヘルメスからは空を翔けることができる羽の付いたサンダルと歴代の神も使った刃物ハルぺー、ハデスからは姿を消す兜、神の加護を得たペルセウスはメドューサの住処に向かいました。

 

f:id:adachi3939:20191103200311j:plain

直接の戦闘を避けたいペルセウスはメドューサの寝込みを襲います。寝ていてもメドューサの石化能力は健在なので、鏡のように磨かれた青銅の盾を使い直接見ることなく、ハルぺーでメドューサの首を落とした。首は特殊な袋に入れて持ち帰りました。

このときメドューサの血からペガサスが誕生したそうです。

 

ペルセウスはサンダル(ペガサス説もあり)で飛行して帰るのですが、途中でメドューサの血が滴り大地から蛇を生んだり、巨人アトラスと喧嘩してメドューサで石化させたりと、経験を積みながら故郷を目指すのでした。

 

アンドロメダ

 

エチオピアの王妃は己の美しさに絶対的な自身があった。自分の娘であるアンドロメダも同様に美しい。こんなことを思うだけではなく「私やアンドロメダの美しさには、ニンフすら敵わない」と王妃は言います。ニンフとはポセイドンの孫で、ニンフはポセイドンに訴えたそうです。これにポセイドンは怒って、怪獣ティアマットを解き放った。このことでアンドロメダは生贄となります。裸となり岩に縛り付けられて、食われるのを待つだけ。怪獣は迫ってきていますが、その場には王や王妃、婚約者もいますが何もしません。ただの人間では太刀打ちすることは不可能なのです。

 

f:id:adachi3939:20191103200324j:plain

絶望の状況で一人の男が現れます。男はアンドロメダの美しさに惚れたようで、「彼女を助けることができたなら、結婚させてくれ」と王と王妃に言いました。

 

まあ、その男はもちろんペルセウスなんですが、ペルセウスは飛行してティアマットに近づきメドューサの首を使って石化して倒しました。一説には、飛行して近付き、鱗の隙間に刃物を突き立て倒したようです。

 

f:id:adachi3939:20191103200340j:plain

ペルセウスとアンドロメダの結婚のときには元婚約者が仲間を連れて襲撃してきたのですが、ペルセウスはメドューサの首を使って全員石化してしまいました。メドューサの首を持ったペルセウスは最強です。

 

セリポス島に帰還したペルセウスは、母ダナエーを苦しめる王をお決まりのメドューサで石化してしまい、恩義があった別の人を王に仕立てました。

 

その後は、母の故郷であるアルゴスに帰国します。そのことを知ったアルゴス王アクリシオスは神託を恐れて逃亡してしまい、ペルセウスはアルゴス王として君臨したのでした。

 

神託とは?

 

忘れてはいけない神託の事実ですが、これが後に事実となります。あるときラーリッサの街で開かれた競技会にペルセウスは出場することになった。円盤投げの競技だったのですが、ペルセウスは誤って円盤を観客席に飛ばしてしまい、それが老人に当たって亡くなってしまいました。この老人こそがアルゴスの元王アクリシオスだったのです。こうして神託は完成してしまいました。

 

最後に

 

ペルセウスの最大の武器であるメドューサの首ですが、アテナに献上されます。アテナはゼウスから譲り受けたアイギスの盾にメドューサの首を埋め込み最強の盾を製作しました。首を失いましたが、王となり、神託も実現しましたが、ペルセウスはその後も冒険を続けて、一説には戦いで命を落としたとされています。死後にペルセウスは評価されてアテナによってペルセウス座になったみたいです。

 

ペルセウスとアンドロメダはたくさんの子供を作り、その血筋から大英雄ヘラクレスが誕生します。

 

ペルセウスのご紹介はここまで最後までありがとうございました。

 

 

www.chickennoneta.com

www.chickennoneta.com

www.chickennoneta.com