チキンのネタ倉庫

暇潰し、話題作り。誰かの役にたったらいいなぁと願うブログ

【エルキドゥ】ギルガメッシュの親友。神造兵器を簡単に解説

 f:id:adachi3939:20191027165643j:plain

「ギルガメッシュ叙事詩」に登場する英雄王ギルガメッシュと言えば、聞き覚えのあるかたも多いと思います。このページに興味を持ったなら、多分知らない人はいないでしょう。と言うか、英雄王の時点でfate絡みです。今回はギルガメッシュではなく、ギルガメッシュの親友であり、神が造り出した野人エルキドゥのご紹介をしていこうと思います。

 

最後までどうかよろしくお願いします。

 

 

誕生

 

ウルクの王ギルガメッシュは、神々から知能、美しさ、強さに完璧な容姿を持って創られた半神半人の王様で、自身の神性から傍若無人になり、神々の言うことを聞かないやりたい放題の暴君となっていました。

 

そんなギルガメッシュを諌める必要あると判断した神々は、ギルガメッシュと同等以上に戦うことができる人造兵器を作り出すことになります。創造を司る神アルルは粘土をこねて肉体を造り、軍神ニヌルタによって神に匹敵する戦闘力を授けらた。その野獣はエルキドゥと言う名前を与えられて野に放なたれた。森に住む獣と同様に草を食べて、川の水を飲み、全身から毛を生やしたその姿は獣そのもので、いつしか森の獣達の頂点に立つ保護者として君臨していた。この頃のエルキドゥはただの野獣で知性もなく、人間性と言うものは一切なかった。逆に言えば単純な強さで言えばこの頃が最も強かったと思われる。

 

その頃、エルキドゥが森の王として君臨したことで狩人の親子は狩りが満足にできなくなってしまい困っていた。狩人がギルガメッシュにそのことを相談すると、神聖娼婦シャムハトを連れていくことを助言した。助言通り、狩人親子はシャムハトを連れていき、水辺でエルキドゥの出現を待った。三日間の張り込みの末にエルキドゥは獣達を引き連れて現れた。人間の姿を見ると獣達は逃げ出すが、エルキドゥだけは残った。娼婦シャムハトに魅了されたのだ。エルキドゥとシャムハトは一週間共に過ごした。何でも交わったらしい。過剰な精を全て吐き出して、女性の素晴らしさ、人間の素晴らしさ知り、人間に近づくことを願った。その過程で野生と多くの力を失い、獣達を率いることはできなくなる。その代わりに、知恵と思慮を身に付けて、人の言葉を理解することができるようになった。シャムハトはエルキドゥに飲食、着衣などの人間の生活、人間とは何か?あらゆることを教える。

 

いつしかエルキドゥは「自身と同様の力を持つ友が欲しい」と思いギルガメッシュの存在を知り、シャムハトと共にウルクを目指した。エルキドゥとギルガメッシュは互いの力を確かめる為に、激しい戦いを繰り広げた。神々の思惑通り、出会うべくして出会った神が造り出した両者は戦いの末に、互いの力を認め合い抱擁を交わして、友になった。ギルガメッシュはエルキドゥとの出会いから暴君を改めて、立派な王になるなど改心したと言う。

 

フンババ退治

 

平和なウルクの生活に退屈していたエルキドゥに、ギルガメッシュはフンババの退治を提案した。二人はウルクの民に祝福されて送り出され1500キロに及ぶ道程を三日で歩いたとされる。フンババが潜む森に到着すると手下を蹴散らして、フンババと対峙した。このフンババは強力な力を持った存在で、神の力を借りつつ二人がかりでフンババを倒した。このときフンババが命乞いをするのでギルガメッシュは聞き入れるつもりだったが、エルキドゥは命を奪うべきと主張した。残忍ではあるが、フンババは強いので反撃を恐れたからだとされる。結局は命を奪い、フンババの首をもってウルクに凱旋した。

 

フンババを倒した英雄は神々の間でも噂になり豊穣の神イシュタルは、ギルガメッシュの美しさに惚れて求婚を迫りました。しかし、イシュタルと愛人となった男の悲惨な末路を知っていたギルガメッシュはこれを断ります。イシュタルは激怒して神々に死者を蘇らせると脅して、聖牛グガランナをウルクに向かわせた。このグガランナは巨大な牛で、地割れを起こしてウルクの人達を殺した。ギルガメッシュとエルキドゥでグガランナを退治することに成功します。イシュタルの行いにエルキドゥは激怒して罵声浴びせたのが、その険相にビビったイシュタルはついに諦めたと言う。

 

エルキドゥの死

 

エルキドゥは夢を見た。それは神々の話し合いの場で、フンババに続きグガランナを倒したギルガメッシュとエルキドゥに、神は死を与えることにした。話し合いの結果エルキドゥだけに「死」が与えられることになった。

 

「死」を定められたエルキドゥは罹患して寝込むようになり、人間性を与えてくれたシャムハトに感謝を、ギルガメッシュとはこれまで冒険を語り合い、親友に看取られながら亡くなった。ギルガメッシュは「死」を知り、不老不死を求める冒険に出た。

 

最後に

 

エルキドゥには冥界に行ったエピソードがあり、冥界でのルールを破り地上に戻れなくなります。ギルガメッシュは心配してエルキドゥを救出するのですが、このときにエルキドゥは影だけが地上に戻り、本体は冥界に残ったと言う。だとしたら神によって殺されたのは偽物?ということもあるのかも知れません。ないか。

ここまで読んでいただき感謝します。最後までありがとうございました。

 

www.chickennoneta.com

www.chickennoneta.com