チキンのネタ倉庫

誰かの役にたったらいいなぁと願うブログ

【呂后】夫に振り回された嫁の覚醒

農民から王にまで出世した劉邦は、人柄を評価をされて大成した人物です。ところが、その妻である呂后は劉邦に結構振り回されてきました。と言うのも劉邦はあんまり働かないし、クズ男エピソードが満載で王としては及第点だったかもしれませんが、夫としては…

【鉄腕のゲッツ】ヤンキー英雄!盗賊騎士と揶揄された騎士について

ゲーテによって物語の主人公となった鉄腕のゲッツは若くして亡くなる英雄として語り継がれることになりますが、史実のゲッツは「決闘」を称して荒稼ぎをしていたことで、「盗賊騎士」と言われることになる。どうにも争い事を好むような血の気の多い性格だっ…

人類を脅かした6つの感染症の歴史

こんにちは、おはようございます。本日は人類を脅かした6つの感染をご紹介していこうと思います。現代人にはまるで馴染みのない病気ばかりですが、撲滅ができているわけではありません。人類は現在進行形で戦い続けているのです。今回は感染症の恐ろしさが…

【ダミアン神父】ハンセン病と戦った神父の偉大な偉業について

とある時代ではハンセン病に感染すると兵役、納税、裁判、などの義務が免除された。この3つだけを説明すると、なんだかいい時代にように感じますが、そんなわけがない。これらつまり、市民権の剥奪、結婚の禁止、就業の禁止、そして社会的に隔離されること…

【腸チフスのメアリー】健康なのに感染者!無自覚に51人を感染させた女性

1909年に「ニューヨーク・アメリカ」の記者によってメアリー・マローンは「腸チフスのメアリー」と軽蔑された。メアリーは何一つ罪を犯してはいないが、生涯拘束される運命にある。裁判が行われることはない。不当な扱いを受けて、監禁生活を送るのだ。…

アマゾンプライムでも見れるあんまりオススメしない映画

敢えてオススメしない映画をご紹介していこうと思う。ただ、最初に言っておくと「つまらない」って意味ではない。僕の主観で感じた部分もありますが、客観的に見て「見る人を選ぶ」みたいな映画をチョイスしていこうと思っています。なので批判したわけでは…

【アタランテ】人類最速の女英雄。男勝りの女狩人

今回はギリシア神話の登場人物で、女性でありながらも英雄となったアタランテをご紹介していこうと思います。アタランテはアルゴナウタイの一人としてイアソンとコルキスに向かった英雄でもあります。ですが、以外にも天然っぽいところもある英雄だったりす…

【アリエノール】ヨーロッパの祖母!豪華な子孫を持った王妃

アリエノール・ダキテーヌは生涯で10人の子供産んだことで、イングランド王、エルサレム王、フランス王、神聖ローマ皇帝、ナバラ王など、豪華な子孫を持つことになる。ヨーロッパ各地で子孫が活躍したことで、アリエノールはマリア・テレジアやヴィクトリ…

【劉邦】クズ男。それでもみんなに慕われた英雄

中国初の天下統一を果たした始皇帝は、野心家で国を我が物にするような暴君であった。しかし、その始皇帝が亡くなると中国全土がパニックに陥り各地で反乱が起きた。そんな混沌とした時代を導いた救世主こそが、劉邦である。彼は始皇帝とは違うタイプであり…

【クレオパトラ】英雄カエサルを魅了した美女の正体は○ッ○

クレオパトラ7世は、古代エジプトの最後のファラオとして君臨したことで知られています。まあ、そんなことよりも「絶世の美女」としてのほうが、一般的に認知が高いのではないでしょうか? 具体的にどれくらい美しかったかと言うと「歴史に影響を及ぼす」…

常勝ナポレオン軍を支えた有能な戦士達

今回はナポレオンの部下をご紹介していこうと思います。フランスの皇帝にして大英雄であるナポレオンがスゲーってのは誰もがわかっていることだと思う。歴史に詳しくない人でもナポレオンが「なんとなくすごい」ってことはわかる人も多いんじゃないかな? …

【セミラミス】毒にまつわる古代の女帝について

セミラミスは世界最古の毒殺事件を起こした女性と言われている。なんやけど、実際はよくわかりません。セミラミスは紀元前800年頃に実在した女王サンムラマートをモデルにした架空の人物のようで、史実と空想が混在した存在だからです。例えばセミラミス…

【カルナ】不死身の英雄!悲惨な一生を簡単解説

カルナはインドの叙事詩「マハーバーラタ」に登場する不死身の英雄で、ライバルであるアルジュナとの戦いで知られる。不死身なので敗北するはずがないんですが、色々の策略の果てにアルジュナに敗北した。今回は悲劇の英雄としての側面が強いカルナを簡単に…

【ヴィンランド・サガ】登場人物の元ネタ解説

アニメ化もされた大作「ヴィンランド・サガ」の登場人物の元ネタ解説的なものでも書いていこうと思います。正直に言うと「ヴィンランド・サガ」と言う漫画の存在を最近まで知りませんでした。アマゾンプライムで無料だったから視聴したんですが、想像以上に…

【ウィリアム・ウォレス】名を知られていない若者が英雄になるまで

13世紀のスコットランドは脅威に晒されていた。隣国のイングランド王エドワード1世は、ウェールズとスコットランドの統合を目論んで、イギリスの原型を作ろうとしていたのだ。そのためスコットランドの若き女王が亡くなると、エドワード1世は戦争を仕掛…

【フィン・マックール】親指ぺろりで閃く。知勇兼備の金髪騎士

フィン・マックールはケルト神話に登場する英雄で、フィオナ騎士団に最盛期をもたらした騎士団長として有名です。金髪で、美白、美しい容姿していたので、フィン(金髪)と呼ばれるようになったみたいな逸話を持つことからも、筋肉隆々な戦士タイプではなく…

【ヴァレンシュタイン】成金の英雄!戦争をビジネスにした男

今回は成金の英雄ヴァレンシュタインをご紹介していこうと思います。ヴァレンシュタインの本名は、アルブレト・フォン・ヴァレンシュタインと言って貧乏な貴族の出身だった。若い頃は、勉強に興味を示さないでヨーロッパを旅していたとか。そこから運を味方…

歴史上で最強?征服領土で見る最強ランキング

歴史上で最も強い男が誰なのか。単純に一対一で誰が強いとかは、わかりにくいので征服領土をランキング化して、征服王に相応しい最強の男を提案しようと思う。基本的に1世代で国を大きくした強者をチョイスしていますが、なかには最初からデカイ国を持って…

【ベアトリーチェ・チェンチ】麗しき乙女の訴え

こんなに儚く美しい肖像画があるだろうか? 女性らしい卵型の輪郭に、少し上がった口角、通った鼻筋、そして悲しげな儚い瞳。この絵は、彼女が処刑される直前を描いたものとされています。白い衣服は死刑に処される罪人の服装で、髪が邪魔にならないように…

楽しく歴史を学ぶ!映画でわかる世界の偉人

歴史の勉強なんて退屈やん。みたいな人の為に僕が何作かピックアップしてご紹介しようと思います。映画としての完成度や、人気が高いものを厳選したのでそれなりに楽しみと思います。世界の偉人ではなく事件に焦点を当てた映画もありますが、ご参考にしてく…

(世界の王様一覧) 歴史上で重要な偉人逹

今回は世界の王様を適当に独断で何人か選んで紹介したいと思います。流し読み程度でさらさら読んでください ラムセス2世 ダビデ ソロモン キュロス2世 レオニダス アレクサンドロス三世 始皇帝 アショーカ 武帝 クレオパトラ アウグストゥス カリグラ ネロ…

男だけどルルルンのパックを使ってみた感想

結論から言うと、使い続けたい 男でパックするのってどうなの?って僕は思っていました。元々アトピー気味で肌が乾燥しやすいのと、ニキビを気にして洗顔やら、化粧水をやり初めて、気が付けば乳液まで使うようになった僕ですが、さすがにパックまで使うの…

【オリガ】聖人だけど復讐者。怒らせたら怖い妃について

オリガはキエフ大公国で実質的に女王をしていた人物であり、キリスト教を広めたことで「聖人」に数えられる人物なんです。聖なる人なんで善人かと思われるますが、ちゃっかり復讐を果たしてしまうような一面もある偉人だったりします。と言うか「オリガ」の…

ニキビが治らない。皮脂のコントロールと角質肥厚がニキビの対策のカギ

思春期から大学生、大人まで男女問わず悩みの種となるニキビは「全人類共通の敵」と言っても過言はないでしょう。誰もが悩み、嫌な気分になるものです。僕もかなり悩んでいました。と言うか今でも悩んでいます。十年近く人知れず悩み、色々と調べてきた結果…

【イサベル1世】レコンキスタを完成させた。生真面目なカトリック女王

スペインの女王イサベルはレコンキスタを完成させて、大航海時代によって国を繁栄させた人物です。また有名な冒険家コロンブスを支援した人物だったりする。真面目な女性で素晴らしい人格者であるイサベルをご紹介していこうと思います。よろしくお願いいた…

【エリザベス1世】イギリスと結婚した女王の波乱な人生について

最高の女王。イギリスは彼女の統治下に置いて「黄金時代」を迎えることになる。この頃の日本では織田信長や、豊臣秀吉、徳川家康が登場する戦国時代だったりします。エリザベス1世の活躍でイギリスは「大英帝国」と評価され、現代に至っても世界的に重要な…

【努力】勇気が貰える?努力をやりまくった結果6選

努力って、何よりも素晴らしい財産だと思います。興味を持って挑戦しますが、気の移り変わりが早いので直ぐに飽きてしまい、そのことを自覚するようになると、行動力が皆無になってしまった。まあ、それって僕のことなんですけどね。 今回はご紹介するのは僕…

【オリュンピアス】かなりの親バカだった? 征服王アレクサンドロス大王の母について

オリュンピアスはマケドニアの王妃であり、あの征服王アレクサンドロス大王の母です。アレクサンドロス大王がどうしてあれだけの功績を残すことができたのかは、母であるオリュンピアスの影響が強いのではないでしょうか。オリュンピアスは結構な親バカで、…

【ロクセラーナ】奴隷から皇后になり帝国に多大な影響を与えた魔女

ロクセラーナは奴隷であったが、スレイマン1世の寵愛を受けて正妻となった人物である。それまでのオスマン帝国の慣習を破り、一夫一婦の形をスレイマン1世に築かせた。障害は結構あったのですが、彼女の肖像画をご覧いただけるとわかるのですが、杖を持っ…

悲惨・残念な死に方をした世界の偉人10選

人間ってのは、いつ、どこで、なにがあって、どのようにお亡くなりになるかわかりません。順風満帆で最高の人生を送っていると言い切れるあなたも、急に交通事故とか、不治の病で余命を宣告される。なんてことは絶対ないとは言えない。と思います。今回は悲…