チキンのネタ倉庫

誰かの役にたったらいいなぁと願うブログ

世界史

【サラディン】ガチ英雄。敵対国でも喝采される英雄の中の英雄

今回はアラブで偉大な英雄に数えられるサラディンについて解説していきたいと思います。日本ではいまいち知られていないサラディンですが、敵対国であるヨーロッパでも人気のある英雄です。大抵の英雄と呼ばれる人達は、侵略した国で必要以上の虐殺をしたり…

【アショーカ王】10万人を虐殺した殺戮王のまさかの改心

今回はアショーカ王を紹介したいと思います。いつぞやに紹介したジル・ド・レは人生の前半は英雄、後半は殺人鬼でしたが、今回は逆です。 chickenno.hatenablog.com インド・マカダ国のマウリヤ朝三代王であったアショーカは、インドを統一した偉大な人物で…

【始皇帝】昼ドラ的な展開?皇帝出生のなぞ?

今回は始皇帝について簡単な説明をしていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。 始皇帝とは 昼ドラ的な展開? 出生の秘密 始皇帝の即位 中国統一 不死を求めて まとめ 始皇帝とは ・史上初の中国統一を成し遂げた皇帝 ・封建制から郡県制への全国…

【カエサル】政治家でもあり軍人。天才と呼ばれた「ハゲの女たらし」

日本でハゲと言えば、あんまりいい印象を受けませんが、西洋の方ではそこまで悪い印象はないようで、ハゲや体毛の濃さは男らしさを象徴する。とは言え「ハゲの女たらし」と呼ばれたカエサルが生きた時代のローマでは、華奢で中性的な男性がモテたそうです。…

【リチャード1世】獅子心王。戦争と冒険に明け暮れた英雄を簡単解説

王様でありながら戦争に明け暮れたリチャード1世をご存じでしょうか? 10年間もイングランドの王様をやっていたリチャード一世ですが、イングランドに滞在にしていたのは、僅か6ヶ月で、英語を話すことはできなかった。これだけでも十分インパクトがあ…

【ネロ・クラウディウス】皇帝の自覚なし。暴君と恐れられた皇帝について

母親殺し、妻殺し、自らを芸術家と評した皇帝ネロ。最後には自殺することを選択したネロでしたが、民衆からたくさんの花やお供え物が寄せられました。暴君と呼ばれていたネロは実は慕われていた? 今回は暴君と恐れられたネロの真実に迫りたいと思います。 …

【アレクサンドロス三世】英雄逹も憧れた!征服王アレクサンドロス大王を解説

こんにちは、おはようございます。今回は大英雄・アレクサンドロス大王について解説していきたいと思います。アレクサンドロス大王と言えば、征服王、イスカンダル、アレキサンダー大王と色んな通称があり、若干困惑しますが、同一人物です。 彼は二十歳で…

【ジャンヌ・ダルク】フランスの英雄。神に導かれた少女を簡単に解説

そういえば日本の実力派バンドであるJanne Da Arcが正式に解散を発表しました。Janne Da Arcのなかでは、Z-HARDっていうアルバムが僕は好きで、今でもたびたび聞きていました。まあ、十年近くこれといった活動はしていなかったので、しかたがないことだと思…

【ヴラド三世】 ドラキュラのモデルにもなった残虐な英雄について

吸血鬼ドラキュラのモデルの一人である【串刺し公・ヴラド三世】をご存じでしょうか? ドラキュラと呼ばれたヴラド三世は、日本ではしばしばヴラド・ツェぺシュと呼ばれて残虐な行為をしていたことで有名です。今回はどうして残虐行為をしなければならなか…

【ダ・ヴィンチ】万能の天才に隠された意外な正体

モナリザ。誰もが一度は聞いたことがある名画を描いたレオナルド・ダ・ヴィンチは画家として有名です。しかし、それが多才な才能を持つ天才の一面に過ぎないことはご存じでしょうか? 音楽、建築、数学、幾何学、解剖学、生理学、動植物学、天文学、気象学…

【ジル・ド・レ】堕ちた英雄。聖女の理解者の変貌

フランスとイギリスとの間に起こった百年戦争で活躍したジャンヌ・ダルクの良き理解者であり、「救国の英雄」と称えられたジル・ド・レですが、その半生はただの人殺し。大量殺人者で、悪魔そのものでした。英雄、そして悪魔、彼ほど正反対の評価を得た人物…

【ハサン・サッバーハ】 暗殺教団について簡単な解説

今回はアサシンの語源になった「アサッシン教団」(暗殺教団)について簡単に解説したいと思います。ミステリアスな要素が強く、現代にまで伝わっていることが史実なのか、脚色された空想なのか判断がつかないことが多いのご注意ください。 暗殺教団とは 勧…